> カードローンの審査は平等に行われるのが基本です

カードローンの審査は平等に行われるのが基本です

カードローンは貸金業法によって営業している業者が取り扱っている融資ですから、
貸金業登録を行っている金融業者が提供していますので、
法律の基準によって審査が行われています。
その一つが総量規制と呼ばれる基準となりますが、
人によって基準が異なるわけではなく、誰でも審査は平等に受けることが
基本となってきます。

信頼できない業者も中にはあるので、注意する

カードローンを提供している金融業者には貸金業登録を
していない業者があることも事実ですが、そのような金融業者は
トラブルのもととなりますので避ける必要があります。

特別に審査が有利に進むように取り計らうといったことは、
正しい運営方法によって経営している業者では絶対に有り得ないことですから、
業者の対応に疑問を感じたら利用を止めることも検討する必要があります。

審査でも関係するが、ある程度カードローンの知識は入れておいたほうがよい

融資審査は平等に行われるのが基本ですが、審査に関する知識がなければ
正しい内容なのか把握することができませんので、
最低限の知識を持つことが安全に利用するためのポイントになります。
消費者金融では総量規制によって借入限度額が決められていますが、
収入によって異なる部分ですから、限度額に関する審査は
平等に行われるのが一般的なのです。
総量規制は収入に応じて利用額を制限するものですから、
収入のない人が利用することができなくなっています。
多重債務者を無くすために行われている制度ですから、
限度額に関する審査は平等に行わなければ目的を果たすことができなのいのです。